ログイン



最近の投稿

人気のサイト


資産運用の保険相談が出来る場所

7月 11th, 2014 by

“保険は、貯蓄型と保障型と二つに分かれて、貯蓄型もさらに色んな種類に分かれます。そして種類だけでなく販売している会社でさらに中身が違いますから、そういう中身のことをまったく知らない一般人には説明できないでしょう。だから資産運用の保険のことを運用の専門家だからと聞いても良い回答を得られるとは限りません。例え聞いてもあいまいなことしか返って来ません。だから聞くだけ無駄だと思って当てにしない方が無難でしょう。

ゆえに資産運用が目的とはいえ、そういうことは保険の専門家に相談した方がいいでしょう。資産運用が目当てで保障は重視していないと伝えれば、保障よりも資産運用を重視した商品を紹介してもらえるし、保障も重視していると伝えればそういう商品も紹介してもらえます。そして商品付いて細かいことも詳しく説明してくれます。後はその説明を聞いて入る商品を選ぶだけです。

それで資産運用の保険相談が出来る場所と聞かれれば、保険の専門家が居る場所と言います。素人に聞いてもこういうことはまったく分かりませんから、時間の無駄です。だから聞かれれば専門家が働いている所と言います。それでは専門家が何処に居るかと聞かれれば、無料相談の窓口を紹介します。

ただ保険の専門家は資産運用は詳しくないので、そちらのアドバイスは期待しても無駄です。資産を運用するのも素人には難しいことでして、そちらの方もそういうことに詳しい人に聞くべきです。

資産運用の一つになる積立型の保険について

7月 9th, 2014 by

“公的年金が将来的に崩壊するかも知れないと考えられる中、老後に備えて資産運用を考える必要が出来てきました。ただ資産運用にも色々ありまして資産形成の為に長期に渡って積立てる方法が重要視されるようになりました。そうして積立型の保険が注目を集めています。

例えば個人年金保険は公的年金だけでは老後の生活費が不足すると思っている人が、老後の生活費の不足を補う為に個人年金を作ろうと利用しています。個人年金があれば老後は安心できますから。

普通は資産運用は出資した資金は所得から控除されませんが、個人年金保険は条件付ですが、生命保険料控除を受けられて税金が安くなる分、他の資産運用よりもお得です。

しかし、最初に事務手数料を取られるので、途中解約は損になります。そして予定利率はあくまでも予定で将来の利率を保証していません。だから途中解約をしなくても大丈夫な喰らい資金に余裕を持っていないと利用しづらいし、将来の利率が分からない以上俺くらいもらえるか分かりません。それでも生命保険料控除を受けられるメリットは大きいので、利用する価値はあります。

資産運用で、将来的な年金の不足分をカバーしなければならないから、収入の一部を積立て資産を形成していく必要があります。当然長期に渡ってリターンを得続けられる物に投資していかないと、老後が不安になります。それで、控除で確実に税負担けいげんという形で、資産の増加を見込める、個人年金保険を資産運用にすべきです。

資産運用の代わりとなる保険の種類

7月 7th, 2014 by

“保険は保障がメインだから満期になっても払い込んだ分より返って来る分が当然少ないままでした。掛け捨てならば当然1円も帰ってきません。貯蓄型保険と言って従来の保障の為のタイプとは違い、資産運用の代わりになる物として販売されようになりました。

その種類も様々で、用途に合わせて利用されています。それで資産運用として一番有名なのが一時払い養老保険です。この商品は保険料を一括で払うことにより保険料が安く設定され、満期時に受け取る分がその分多くなっています。さらに払い込みが早い分、運用の利益がプラスされる為、その利益分が満期時に追加される仕組みになっています。だから予定利率が高かった頃は資産運用的な目的で良く売れました。

ただ最近の低金利で運用成績が良くなくなって、逆ザヤ解消の為にと予定利率を引き下げたりしました。それで予定利率が引き下げられたから、人気に陰りが見えて、前よりも売れなくなってきました。他の貯蓄型の商品も同じく保障がある分、他の資産運用より有利になれなくて、用途に合わせて、保障重視で販売されています。

資産運用は将来的なことを考えれば、少しでも運用成績の良いものを選ぶべきです。種類があって保障もあるからとメリットが大きいように見えますが、保険はあくまでも補償がメインですから、」資産運用に活用するのは感心できません。将来に備えて少しでも運用成績を上げられるように資産運用の為に購入するものは別の物にすることです。