貯蓄型の保険は資産運用です


“貯蓄型の保険はいい資産運用になります。 貯蓄型の保険の特徴は毎月決まった保険料を支払い、満期になったときに今まで積み立てた分と利息を返済してくれるというシステムです。 更に保険ですので生命保険の場合には支払いの満期になるまでに高度機能障害になってしまったり死亡した場合には満期の時に支払われる額と同じ額だけ支払いされるのが特徴です。 そして保険の契約は終了となります。 資産運用として考えるなら貯蓄預金とそう変わらないように思われるかもしれませんが、貯蓄預金はただの預金であり契約者が死亡しても満期と同じ額が支払われることはありません。その分生保よりも利息が多くなる傾向があるのですが、保障なども注目した方にとっては貯蓄形式の生保で資産運用をするのが適しています。 貯蓄型の生保の場合には途中で解約をしてしまいますと返戻金が元本割れしてしまうのですが、元本割れしたくないがために満期まで頑張って貯蓄を続けようとします。 そのおかげでくだらないものを買うために解約をする危険性を避けられるのです。 また毎月支払いますので貯金をするのが苦手な方でも続けられるというメリットがあります。 銀行からの引き落としであることが多いですので支払うのを忘れることもありません。 満期になったときには支払われる返戻金により助かる場合もあります。 資産運用を考えるのであれば生保で運用をすることも考えておいてください。万が一の時にも助かります。”