資産運用の一つになる積立型の保険について


“公的年金が将来的に崩壊するかも知れないと考えられる中、老後に備えて資産運用を考える必要が出来てきました。ただ資産運用にも色々ありまして資産形成の為に長期に渡って積立てる方法が重要視されるようになりました。そうして積立型の保険が注目を集めています。 例えば個人年金保険は公的年金だけでは老後の生活費が不足すると思っている人が、老後の生活費の不足を補う為に個人年金を作ろうと利用しています。個人年金があれば老後は安心できますから。 普通は資産運用は出資した資金は所得から控除されませんが、個人年金保険は条件付ですが、生命保険料控除を受けられて税金が安くなる分、他の資産運用よりもお得です。 しかし、最初に事務手数料を取られるので、途中解約は損になります。そして予定利率はあくまでも予定で将来の利率を保証していません。だから途中解約をしなくても大丈夫な喰らい資金に余裕を持っていないと利用しづらいし、将来の利率が分からない以上俺くらいもらえるか分かりません。それでも生命保険料控除を受けられるメリットは大きいので、利用する価値はあります。 資産運用で、将来的な年金の不足分をカバーしなければならないから、収入の一部を積立て資産を形成していく必要があります。当然長期に渡ってリターンを得続けられる物に投資していかないと、老後が不安になります。それで、控除で確実に税負担けいげんという形で、資産の増加を見込める、個人年金保険を資産運用にすべきです。 ”